検索
  • izumi69burn

バイブル・スタディ


11月28日(土)18時から上馬地区会館で行なわれたバイブル・スタディのテーマは、異言でした。コリント人への手紙第一の14章に書かれているように、異言は人に向かって語るのではなく、神に向かって語る祈りです。そして、異言を語ることによって、御霊による奥義を語り、語る人自らが成長します。


バイブル・スタディでは最初に賛美をし、メッセージを通して深く学び、どのように異言が出るようになったのか、異言を用いてどのような恵みがあったのかを分かち合いました。その後はひたすら異言で自由に語る時を40分ほど持ちました。最後に、皆で祈り合う時間を持ち、22時近くまで聖霊による喜びを分かち合うという内容の濃い時間を過ごすことができました。


未信者の方も参加され、聖霊のバプテスマを体験し、御霊による解放が与えられました。使徒の働き2章の初めに書かれているように、聖霊が参加者一人ひとりの上に留まり、聖霊に満たされ、御霊が語らせるままに他国のいろいろな言葉で話し、麗しい臨在が溢れていました。床にひれ伏してただ主を礼拝する者、熱い何かを身体に感じて涙が溢れている者、それぞれが主だけを見上げて霊で祈り、知性でも祈り、霊で賛美し、知性でも賛美する時となりました。


バイブル・スタディは毎回違うテーマを学び、実践をしていきます。知識を詰め込むのではなく、みことばの通りに生きていくことができるように、自分が変わっていく道を示される場所です。


次回は、26日(土)18時から池尻地区会館で行ないます。ぜひ、ご参加ください。




閲覧数:21回0件のコメント

最新記事

すべて表示