Welcome to

Church 
on the     
​Rock DC

Gradient

​チャーチ・オン・ザ・ロック

ディサイプル・センター

ですから、あなたがたは行って、あらゆる国の人々を弟子としなさい。

​マタイの福音書28:19

   チャーチ・オン・ザ・ロックは、人間の計画によってではなく、神からの幻と御声を受け取り、

始まりました。1994年8月、私が一人で礼拝をし、家へ帰るために教会のドアノブに手をかけた時、

主の御声が聞こえ、幻が目に飛び込んできました。その声は囁くような声でしたが、幻は実際にその場面に居合わせているかのような鮮やかなものでした。私は、その内容を誰にも語らずに、ただ

からのしるしを求めました。同年10月、スリランカから来た神の器の預言により、誰も知らないはずだった御声と幻が明確に語られました。

   アパートの一室から始まった最初の教会は、1996年5月26日ペンテコステの日に産声をあげました。その後、礼拝の場所を移動しながら、成長し、札幌から横浜と教会開拓を進め、信仰に固く立ち、福音を伝える人々を育ててきました。そして、教会からミニストリーへと拡大し、福音を伝え、キリストの弟子を育てるためにチャーチ・オン・ザ・ロック・ディサイプル・センター(C O R D C)を設立しました。

   8年間という時を経て、2002年、御声と幻が成就する時がやってきました。南アジアへの扉が不思議な方法で開かれ、伝道集会で救われた人々を核とし、2003年12月に海外で教会開拓を始めました。

訓練を受けた人々は、癒し、解放、奇蹟が伴う力強い伝道によって家や木の下で福音を語り、豊かな実を実らせています。2008年からは、新たに東南アジアでもミニストリーが始まり、その国ごとに

戦略が与えられ、神の国が広がっています。

   神の御手は日本でも働いており、横浜で始まった弟子訓練が東京、神戸に広がり、キリストの弟子として働く者たちを集めてくださっています。一人が受け取った召しを土の中に埋めるのではなく信じて行動を起こす時に、神は数百倍にも祝福し、目に見える世界で実を実らせてくださるのです。神は

今でも、ともに働く人々を探しておられます。

 

 

 

 

チャーチ・オン・ザ・ロック・ディサイプル・センター

大東 利章

大東利章写真.jpg