検索
  • izumi69burn

祈りの力


2月25日(金)にヒーリングルームが行なわれました。その時にオンラインで祈った女性から癒しの証が届きましたので、ここに紹介します。神様にとって、場所は関係ありません。祈りには力があります。そして、神様は癒してくださるという強い信仰に、神様は答えてくださいます。

2022年の1月2日、私は体調が悪く、寝込んでいました。9日に熱が40度近く出て、幻覚が見え始め、これはあぶないと思い、自分で救急車を呼んで病院へと向かいました。病院に着くとすぐに、PCR検査をしました。結果はコロナの陰性、デルタ株。脱水状態がひどく、何日も点滴をし、ようやく熱が下がりました。次は、死にそうなほど咳が出て、ご飯を食べることが全くできなくなりました。何も飲み込むことができなかったのです。何日も食事をとることができなくなりました。少しずつ咳が治まり、退院することになりました。息子もコロナにかかり、同じ病院に入院しました。しかし、息子は私と違い、軽い症状でした。


退院してから、私の身体はコロナにかかる前とあまりにも違っていたため、家事もできず、頭も霧がかかったようにボーッとしており、何も手につきませんでした。鬱のように気持ちが沈み、身体も頭も動かず、燃え尽き症候群になったように感じていました。このような状態になってしまったのが辛く、苦しさを覚えていました。咳がひどかったからか、以前から患っていた頸椎ヘルニアがひどくなり、痛くて両手に力が入らず、痺れて物も上手く持つことができませんでした。


息子も目がおかしいと訴え、眼科に行ってみると、軽い白内障かもしれないから目薬を半年分処方する旨を告げられて唖然としてしまいました。息子はまだ17歳です!!インターネットで調べたら、白内障は一度なってしまうと完治することはなく、手術しかない!と書かれてあり、絶望的な気持ちになりました。自分のことより、息子のことで悔しくて、悲しくて、本当に辛い気持ちになりました。憂鬱な気持ちで日々を過ごしていました。職場から解雇を告げられ、雇用保険の手続きをすればなんとかなるとは思いましたが、先が見えなくなり、不安な気持ちでいっぱいになりました。


そのような時、何かの縁でカンさんと出会い、ヒーリングルームを行なっていることを聞き、是非、祈って欲しいと思うようになりました。LINEで症状を伝えたところ、彼は祈りを録音してくださり、送ってくださいました! その祈りを一度聞いただけで涙が溢れ、モヤモヤしているものが取り去られて心が軽くなり、身体の痛みが大分楽になるのが分かりました!これはすごいと思い、気持ちが暗くなったり、身体が痛くなるたびにその祈りを聞いて、「アーメン。今、病が出ていきました!ありがとうございます!」と口に出して言ってました。

その後、教会の祈り会に参加して何人かの方々に祈ってもらいました。心と身体が暖かくなり、癒されていきました!回数を重ねるたびに楽になるため、彼らの祈りも録音して何度も聞いていました。何回も聞くと、不安や恐れがあったものが不思議と楽になり、日を増すごとに平安な気持ちになってきました。また、以前はSNSをしていましたが、今は、止める時期だと思い、SNSをしなくなってから、より一層の平安を感じています。そして、賛美を聴くと、涙が止まらなくなり、癒されて平安な気持ちになります。今までは、常に焦っている気持ちでしたが、今は、平安な気持ちになっています。


カンさん、ありがとうございます。教会の皆様、ありがとうございます。神様、ありがとうございます。


閲覧数:170回0件のコメント

最新記事

すべて表示