検索
  • izumi69burn

新しい人を着る


「私たちは、キリストの死にあずかるバプテスマによって、キリストとともに葬られたのです。それは、キリストが御父の栄光によって死者の中からよみがえられたように、私たちも、いのちにあって新しい歩みをするためです。」(ローマ人への手紙6:4)


洗礼とは何でしょうか。私たちの内にある「古い人」が水に沈むことによりキリストの死と共に埋葬され、その墓(水)から、キリストの復活と結び合わされた新たな存在、神様が私たちの内に創造される「新しい人」となってよみがえることです。


「その教えとは、あなたがたの以前の生活について言うならば、人を欺く情欲によって滅びて行く古い人を脱ぎ捨てるべきこと、またあなたがたが心の霊において新しくされ、真理に基づく義と聖をもって神にかたどり造り出された、新しい人を身に着るべきことでした。」(エペソ人への手紙4:22~24)


では、「古い人」と「新しい人」とはどのような人でしょうか。「古い人」とは、キリストが全人類の全ての罪と罰を引き受けて十字架にかかって死んでくださったことを受け入れず、自分自身の力で生きている人の状態を指します。その「古い人」が洗礼の時に水の中に沈められ、埋葬されるのです。「新しい人」とは、神様が購い出してくださり、キリストと共に歩む人の状態を指します。キリストの尊い血潮によって贖われていることを心に刻み、生きていく者のことです。


12月6日、その「古い人」を脱ぎ捨てて「新しい人」を着ることを決心した方がいます。過去、自分の努力で歩み続けてきた時には、様々な痛み、苦しみ、重荷があったことでしょう。これからも山や谷はありますが、奮闘する必要はありません。新しい外套であるイエス・キリストに覆われ、時には背負われて進む旅路は、今までの足取りと全く異なり、平安と喜びに満ちた真っ直ぐな道を軽やかに前進できるからです。これが、キリストを着て共に歩む者の姿です。

閲覧数:25回0件のコメント

最新記事

すべて表示

祈りの力