検索
  • izumi69burn

いつくしみと恵み

海外宣教ができなくなった2020年は国内での働きが活発となり、結果的に日本で多くの実を結んだ年になりました。一人の人から始まった弟子訓練ですが、チャーチ・オン・ザ・ロックの礼拝に集っている人々、他教会の人々も加わり、複数のミニストリーが立ち上がりました。場所も、自宅、東京都内、神戸と広がり、まさに使徒の働きに書かれている通り、福音が広がっていきました。


弟子訓練は机上の勉強ではありません。自分の召しを神様から受け取り、その通りに実践することです。その結果、新たな弟子が産み出され、その弟子を産み出した者がキリストの弟子と呼ばれるのです。私たちはまず、自分の召しを確信することから始めます。すでに受け取っている者はその声に従って行動します。Bible Studyを始めた者、アウトリーチを行なっている者、ワーシップチームを結成した者、ビジネスで人々を導いている者、それぞれが神様からいただいた召しに向かって歩み始めた年でした。自分の召しがまだ分からない者は祈り、他の人が始めたミニストリーを手伝いながら、神様に求めています。受け取るまでに時間がかかることもあります。しかし、神様は必ず与えてくださいます。そのことを信じて、祈り、行動しています。


また、大東利章牧師の霊の父であるレスリー・キーゲル師が書いた「私たちの上に主の御霊がおられる」を出版できたことは、主の恵みでした。神様の偉大な御業が散りばめられている本書を日本のクリスチャンに紹介したことには、大きな意味があります。本書に書かれている数々の証を自分のものとし、実践することによって、神様の御手が動き、同じ御業が起きるからです。ぜひ、本書を読んでいただき、癒しを必要としている人に手を置いて信じて祈ってください。また、知識の言葉が与えられて人々の心が開かれるように祈ってください。現在、1618cor@gmail.comに注文をしていただくか、全国のキリスト教書店、ゴスペル・ライト出版、アマゾンでも購入いただけます。


2020年に始まったミニストリーは、これから拡大していきます。神様が私たちに託しているミッションは「産めよ。増えよ。地に満ちよ」です。私たちは立ち止まることなく、弟子と教会を産み出し、アウトリーチで人々を救いに導き、ミニストリーを通してこの世に増え広がっていきます。このみことばを成就させるために、2021年も人生という名のレースを走り続けます。皆さんにとって、いつくしみと恵みが追いかけてくる一年になりますよう、お祈りしています。







閲覧数:21回0件のコメント

最新記事

すべて表示

祈りの力